羊肉の部位

肩ロース・リブロース・背ロース・モモ

羊らしい風味がおいしい肩ロース

羊肉の正肉である肩ロース(ショルダー)は、首下から腰に掛けての肩まわりの正肉になります。

別名チャックロールとも言われる肩ロース(ショルダー)は、赤身と脂肪のバランスが絶妙で、羊肉で有名なジンギスカンとして使われる事が多いです。

ジンギスカン

肩ロース(ショルダー)は、羊肉の正肉らしい風味があり、脂肪のくさみも味わいの一つと言えます。

また、スジを取り除き、形を整え食べやすくして、ラムロールとしても使われ、幅広い食べられ方をしています。

羊肉の中でも高級であるリブロース・モモ

羊肉の正肉のリブロース(ラック)は、ロースの中でも中央部分の部位です。

そのまま正肉だけの場合もありますが、骨ごと切り分けてラムチョップとしている場合もあります。

リブロース(ラック)は、ローストビーフやステーキにする事が多く、羊肉の正肉の中でも高級な部位になります。

スジも少なく、柔らかいですし、脂も程よくあって、味も羊肉らしさがあり、食べやすい肉質となっています。

また、リブロース(ラック)はタレで食べられる事が多いですが、塩コショウもお薦めです。

羊肉の癖やくさみが無い背ロース

羊肉の正肉の背ロース(ショートロイン)は、ロースの中の背中から腰のロングロインの腰部分になります。



くらしたと呼ばれる部位でもあり、脂肪やスジがなく、赤身だけなので、とても食べやすいので、多くの方が食べられるでしょう。

それに、脂肪がないという事は、羊肉の正肉らしい癖やくさみがありませんので、しっかりと味を堪能できます。

ですから、背ロース(ショートロイン)を頂く時は、正肉本来の味を知るためにも、タレではなく塩コショウがお薦めです。

背ロース(ショートロイン)は、羊肉らしくないと感じられるかもしれませんが、柔らかさは羊ならではと言えるでしょう。

羊肉が初めての人にお薦めのもも

羊肉の正肉のもも(レッグ)は、腰から後ろ脚にかけての部位です。

このもも(レッグ)にも様々な種類の正肉に分けられまして、アウトサイド、インサイド、ナックル、ランプ等があります。

その中でも羊肉を焼肉にする場合は、評判が高く、内ももの一部にあたる、とても柔らかいトップサイドがお薦めです。

もも(レッグ)は、羊肉の正肉でも脂肪が少なく、おいしくて食べやすい部位なので、羊が初めての人に食べて頂くのに良いでしょう。

*羊肉の部位画像の引用先;日本ハム(株)「羊肉の基礎知識」より。

おすすめの記事