固定観念にとらわれず、相性で考える

焼肉を食べる時にアルコールは欠かせません。

さまざまなアルコール飲料と相性が良い焼肉ですが、ワインとの場合はどうでしょうか。

肉に合うワインと合わないワインが存在しますので、よく考えないといけません。

赤か白かで選びがちですが、そうではなくて、それぞれの肉の種類や風味や味付けによって、柔軟に変えていく事が大事となってきます。

ですから、肉に赤ワインが良いとよく聞かれますが、固定観念にとらわれず、相性で考えていかなければなりません。

焼肉はただ単に肉を焼くだけではなく、様々なスパイスもありますし、肉の種類もあります。

なので、互いの良さを尊重し合うものを選ばないといけなくて、良いものを選択できたら、互いのおいしさを引き出す事が可能となります。

カベルネ・ソーヴィニョン(赤ワイン)と何の肉が合う?

一つ例をあげるとするならば、一般的に食べられる事が多い脂が乗ったカルビをスパイスの濃厚なタレで食べる時に合うのが。

赤ワインのカベルネ・ソーヴィニョンになります。

何故、この組み合わせが良いかと言いますと、赤ワインに含まれる成分のタンニンがカルビの脂と調和して、互いの良さを引き出し、うまみが増加するのです。

ようするに、脂が強いもの、肉の味が強いもの、スパイスがきいたタレをつかうものは、赤ワインと相性が良いのです。

赤ワインを少し冷やす

焼肉を食べる時の赤ワインの飲み方でお薦めなのが、少し冷やしておくことで、タンニンが強調されるようになり、肉と合うのです。

また、焼肉を焼いていると暑いですから、そういう意味でもお薦めです。

シャルドネ(白ワイン)と何の肉が合う?

逆に、これらと白ワインと組み合わせると、白ワインが負けてしまい、薄い味に感じてしまうでしょう。

その白ワインは、繊細ですから、豚バラやタンと合い、シャルドネなどですと、ワインの味をそのままに肉のうまみも味わえるのです。

濃い味付けをしない方が良いので、肉をサンチュや野菜に巻いて食べる時も良いですが、コチュジャンのように味付けをするのなら向いていません。

鶏肉は淡泊ですから、薄い味付けなら白ワイン、内臓なら赤ワインが良いでしょう。

白ワインならリースリング、赤ワインならライトボディやミディアムボディが良く、普段から飲み慣れていない人は、スパークリングワインでも問題ありません。

これ以外にも相性の良い組み合わせもありますので、自分の好みを探すように、色々と試してみると良いでしょう。

おすすめの記事