焼肉の味を引き立てる香り高い名脇役、ハーブとスパイスの活用法。

ハーブとスパイス

焼肉は単体だけでもおいしいものですが、そこに風味や香りを足すと、さらにおいしく感じるものです。

ですから、ハーブやスパイスがとても良く、くさみを消す役割、抗菌作用など理に適った活用方法となっているのです。

ハーブやスパイスは、
種類によって使い方も異なってきます。

出来上がった肉の隣に添えたり、
事前にタレに漬け込む時に一緒に混ぜたり、刻んで振りかけたりと方法はいくつかあります。

基本的に決まった方法はないので、一番自分に合うもので合う方法をすれば良いでしょう。

フレッシュハーブ

香りを付けるには、食欲をそそらせるスパイスよりも
フレッシュハーブがお薦めです。

肉と同様に長期の保存には向いていませんので、使い切りで購入するのが良いですし、保存が利く粉末状のものもあります。

使い方もそうですが、ハーブとスパイスは、難しく考えずに、
自分の好きなように活用してみて下さい。

普段と違った楽しみ方をしたい時、アクセントを付けたい時など色々ですし、長ネギ、ミツバ、ニンニク、ショウガなど身近なものを混ぜるだけでも十分です。

焼肉には欠かせない色んなハーブとスパイス


焼肉は、色んなハーブとスパイスが合います。

さっぱりしているのが、鶏肉の風味を上げるオレガノ、どんなものにも相性が良いバジル、香ばしい香りがするルッコラになります。

肉のくさみを打ち消したい方は、肉に添え清涼感を出すミント、豚肉とよく合うセージ、抗菌作用が高くラムや内臓系に良いローズマリーが良いでしょう。

独特の香りを楽しみたい方は、鶏肉をエスニックにするコリアンダー、香り付けに良いクローブがあります。

アクセントに使用したいのが、赤身に使いたいブラックペッパー、まろやかで鶏肉に加えたいのがホワイトペッパーです。

このように焼肉には、色々なハーブとスパイスと相性が良く、足す事により、風味が増したり、香りを付けたりと、よりおいしく頂けます。

ですから、ハーブとスパイスは、とても重要なのです。

おすすめの記事