ちょっとの工夫で、肉を上手に焼き上げるコツを紹介。

家庭で肉を上手に焼き上げるコツ

焼肉屋で肉を食べる時は、専用の鉄板を使いますが、家庭だとそういう訳にはいきません。

良質な肉を用意したとしても、
どうしてもホットプレートやフライパンを使用しないといけません。

そういった状況でも、ちょっとしたコツや工夫でおいしく焼く事ができるのです。

まずホットプレートですが、
平らなものではなく、脂が落ちるスリットが入ったプレートのものを用意して下さい。

肉を焼く前の下準備として、鉄板の下のバットの部分があるなら、そこに水を入れておくと臭いが軽減され、煙も出難くなり、部屋に臭い等が籠もり難くなります。

そうしたらホットプレートの温度設定になりますが、
高温にして、サラダ油や牛脂を投入し、鉄板に馴染ませて下さい。

ここで、スリットが入ったホットプレートを用意できなかった人は、
脂が溜まってしまいますから、脂を吸収してくれるナスを焼くと良いでしょう。

当然ですが、脂を吸ったナスもおいしく頂けるので、安心して下さい。

その他の野菜類は、焼いている内に水分が出ますので、
肉の味を最大限に活かすなら同時に焼かない方が無難です。

下準備で一手間かける

もう一つのフライパンでおいしく焼くコツですが、フッ素加工しているものより、厚手の鉄製フライパンの方が良いでしょう。

理由としては、鉄製の方が熱をムラなく伝えてくれるので、均等に焼く事が可能だからです。

またスリットが入ったフライパンであるグリルパンを持っているのでしたら、そちらの方がお薦めです。

これは、ホットプレートの時と同じく、余分な脂を落としてくれるからです。

基本的には、ホットプレートの時と同じように、
まずフライパンを温めてからサラダ油や牛脂を投入し、馴染ませます。

何故、熱い方が良いかと言いますと、
高温でさっと焼いて、肉汁を閉じ込めておく必要があるからです。

フライパンを暖め馴染ませる牛脂は、スーパー等で貰える場合や
売っている場合もありますので、一度聞いておくと良いでしょう。

焼いている時に、風味や香りを付けるためにニンニクの投入するのも良いですが、
焦がさないようにして下さい。

どちらの調理方法でも牛肉は強火でさっと、
豚肉は中火で火を通し、鶏肉は皮から焼いて下さい。

またコツとして大事なのは、、肉汁を逃がさないために引っくり返すのは一度だけだけにして下さい。

冷凍肉は解凍し、普通の肉でも常温において、
焦がさないために冷たくない状態から焼くのがベストになります。

おすすめの記事