スーパーで肉を買う時の新鮮な肉の見分け方

目利き
スーパーで肉を購入する時に、
少しでも良いものを買いたいのが当然だと思います。
そのためにも新鮮な肉の
見分け方を知っておく必要があるでしょう。

牛肉

牛肉
まず、一番買われる事が多い牛肉ですが、スライスで販売している場合、くすんでいる程鮮度がありません。
しかし、切りたてもくすんでいますので、深みのある赤身であるかどうかも確認しておいて下さい。

脂肪を見る時は、ツヤがあり、淡い茶色を帯びた状態が良いでしょう。
カルビ等の場合は、肉全体にサシが入っていれば良く、スジと見間違えないようにして下さい。

豚肉

豚肉豚肉の鮮度の見分け方は、脂身をよく見る必要があります。
脂身が真っ白で、赤身はピンク色をして、肉全体が締まっているものがベストです。
みずみずしかったり、ツヤがあったりするものが良く、鮮度が落ちた豚肉は、赤身がくすんでいるので分かりやすいです。

また、肉汁が溢れ出ているパックは、鮮度が落ちている分かりやすい証拠になります。

鶏肉

鶏肉
鶏肉は、肉の中でも鮮度が落ちやすいので、見極めるのが重要になります。
簡単な見分け方として、皮にシワがあり、毛穴の周囲が鳥肌のように盛り上がり、肉に厚みがあり、ふっくら感のあるものが良いです。

逆に言えば、皮がペタっとしなり、盛り上がりが見えず、肉汁が出ているものはダメです。
また、血が付着していると鮮度を奪っていきますので、拭いてあげる事も大切になります。

羊肉

羊肉
羊肉は、赤身が赤、脂身は白という風に色がハッキリしているほど新鮮です。
色がくすんでいる羊肉は、鮮度が落ちていますので、光沢やツヤがあるかどうかも一緒に見て下さい。

ロール肉として売られているものは、肉質が分かりにくく、判別が付きにくいですけど、できるだけ引き締まったものを選びましょう。

羊肉は、加工されている事が多いですけど、切り身が売っているのでしたら、ど、できるだけ引き締まったものを選びましょう。

切り身を購入する方が無難です。

このように、肉は鮮度が命ですから、ど、できるだけ引き締まったものを選びましょう。
おいしい肉を買うためには、しっかりと新鮮さをチェックして、買う必要があります。

おすすめの記事