最近では、飼育や衛生や流通を管理するために、トレーサビリティを実施しています。

消費者の安心安全のためのトレーサビリティ

牛
トレーサビリティとは、商品の情報を追跡できるようにしたもので、今どこにあるのか、どんな状態なのかを把握できるのです。

このシステムは、2001年に問題が発生したBSE問題の教訓を受けて、施行したシステムであり、牛が生まれて、消費者に届くまでを履歴として、情報を残しているのです。

トレーサビリティは、基本的にBSEの問題によって発生したため牛肉の管理に行なわれていますが、鶏肉や豚肉の場合でも、それぞれの団体等がシステムを構築し、信頼を得ています。

トレーサビリティの詳細

このシステムは、簡単に言いますと、生産された牛1頭1頭に10桁からなる個体識別番号を割り振り、分かりやすいように耳標にもしています。

もちろん、この個体識別番号は各地で管理されている訳ではなく、全国で統一されたデータバンクに登録され、全ての記録が蓄積され、残って行きます。

生まれた場所、飼育された場所、屠殺された場所、出荷された場所などの全てのデータが間違いなく登録されます。

登録して見ているだけではなく、食肉卸売市場で、資格を持った検査員が病気を持っていないか、1頭ずつ全てをチェックしていきます。

解体する時も1頭ずつ器具を消毒・洗浄しますし、
肉のサンプルを採取し、DNA検査を行ない、その記録もデータバンクに蓄積されていきます。

当然ながら、せりで販売されたら終わりではなく、
購買者の記録も残され、加工時も徹底管理されます。

他の肉と混ざり合わないように、真空パックに詰められ、
それぞれに個体識別番号の入った箱に収納され、同じ牛肉同士しか梱包はできません。

業者から全国各地の
お店やスーパーに卸される時も個体識別番号がハッキリ分かるようにラベルが貼られます。

これは、消費者がパックの牛肉を買う時もそうで、
値段が表示されているラベルには、しっかりと個体識別番号も印字されているはずです。

焼肉屋やレストランでも個体識別番号を開示していますので、
気になる人は調べてみると良いでしょう。

もちろん家のパソコンからも個体識別番号を入力したら、これらの全ての情報を
確認する事ができ、安心安全に牛肉を食べられるのが、トレーサビリティなのです。

おすすめの記事