肉は熟成している時が食べ頃で、お店で販売しているものも熟成を向かえている肉になります。

ですから、購入したら、すぐに食べてしまうのが良いのですが、どうしても食べきれない時があります。

冷蔵庫なら何日保管可能?

蔵庫に詰める
そういった時は、冷蔵庫に保存する訳ですが、鶏肉は1日、豚肉は3日程度、牛肉は5日程度しか持ちませんので、保存に工夫する必要があるでしょう。

肉が傷みだすと、腐敗臭がして、ネバネバとし、色も青っぽくなります。

特に、ひき肉の場合は、空気に触れる面が多く、早く腐る傾向にあり、逆にスライスだと、少し時間がマシです。

しかし、腐るのも時間の問題なので、冷蔵庫で保存する場合でもチルドルームに入れるのが絶対になります。

また、少しでも腐るのを遅らせるためには、空気に触れないのが重要なので、ラップやジッパーなどで、外の空気と遮断する必要があります。

冷凍の過信は禁物

整頓された冷凍室鶏肉に関しては、水分も傷む原因となりますから、脱水シートを入れる工夫もした方が良いでしょう。

腐る前に冷凍してしまうのが保存に適しているのですが、おいしさが失われてしまいます。
それを少しでも防ぐには、先ほどのように空気を触れないようにして、細かく分けて冷凍して下さい。

いくら冷凍したからと言っても、永遠と保存できる訳ではありませんので、1ヶ月が限度だと思って下さい。

解凍する時もおいしさを損なわないようにするために、冷蔵庫に移したり、水に浸けたりして、半解凍の状態にしましょう。

完全な解凍をしてしまうと、おいしさの素である肉汁が流れてしまうので、勿体ないです。

少しでも後で楽にするために、冷凍する時は、ジッパーなどに日付を入れ、用途別に分けておくと、調理する時も何から使うか考える時も便利になります。

おすすめの記事